身近に楽しむアート

街中のオブジェやインテリアでも使われ、広く知られるようになってきた現代アート。しかし、どこからどこまでが現代アートなのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

現代アートにはこれといった定義はありません。簡単に言えばどのジャンルにも当てはまらない芸術の創作物を指していることが多く、「現代」とついていますが近年の作品を示すものでもありません。正確にいつからというものはなく、現代アートは実に曖昧なものが多いのです。

 

現代アートは自由な作品が多いため、一般の方には「よく分からないもの」で終わってしまうこともあります。確かに昔のような分かりやすさはなくなり、一目でその作品を理解するのは難しいでしょう。けれども、考え方を変えると現代アートはそこまで難しいものではありません。

現代アートを楽しむ上で大切なのは直感です。最初は好き、気になるという感覚で作品を楽しむだけでも良いのです。誰にだって好みというものがありますから、芸術にももちろん好きなもの、合わないものなどが出てきます。

現代アートは、同じ作品でも見る人が違えばその作品から伝わるメッセージや情景も異なるので、まずは自分の感覚で作品に触れて、純粋にアートを楽しんでください。

身近なアートは贈り物におすすめ

壁面に飾れる額やパネル状の現代アートは、お部屋や店舗に飾るだけでおしゃれな空間を演出してくれるので、大切な方への贈り物に最適です。新たな2人の門出を彩る結婚祝い品、新築のまっさらな壁を印象的に魅せる新築祝い品、芸術が好きな友人への誕生日プレゼントなど、様々なシーンの贈り物としても人気が高くおすすめです。

見る人の直感や考え方によって表情が変わる現代アートは、芸術品を好まれる方だけでなく、今まであまり芸術品に触れてこなかった方にもきっと喜んでいただけると思います。

河崎工房では、現代アートをもっと身近に感じてもらうために、通販にて河崎晴生の作品も販売しております。展示室では通販サイトに掲載の商品なども展示していますので、お近くにお立ち寄りの際は、実際に作品に触れて自分の感覚で楽しんでみてください。

サイトタイトル