美術館


三浦景生の染め(京都市美術館) 今迄日展などで拝見してきた三浦先生の作品が一堂に並べられ見ごたえがありました。色彩と手法が特に素晴らしいと感じました、また陶の作品や小作品には先生の遊び心が見え楽しく拝見しました。

アンフォルメルと日本の美術(近代美術館を拝見)50~60年代の様々なジャンルの作家の作品。

タイトルに書かれているようにあの時みんな熱かった!というのがピッタリの展覧会でした、加えて重厚感もありこれも見ごたえがありました。


0回の閲覧